Breach Defenseによるセキュリティ運用(SecOps)の評価と最適化
Threat Simulator Laptop Screen

Threat Simulator:侵害・攻撃のシミュレーション

ネットワークセキュリティテストにおける20年以上の実績を生かした侵害・攻撃シミュレーション(BAS)プラットフォーム。最新の攻撃やエクスプロイトに対するネットワークの耐性を継続的に評価します。

詳細情報

ThreatARMOR Laptop Screen

ThreatARMOR:脅威情報ゲートウェイ

攻撃者がネットワークに入るのを防ぐことにより、SecOpsチームのアラート疲弊を軽減します。悪意のあるトラフィック、マルウェア、ボットネットの最大80%をブロックし、ネットワークの監視対象領域を大幅に縮小します。

詳細情報

Mission Critical Icon

最新の攻撃をネットワーク上でシミュレートすることにより、不確定性を排除

Hacker Icon

脆弱性、カバレッジの弱点、設定ミスを改善してリスクを軽減

Security Icon

セキュリティポスチャーの有効性評価でセキュリティ支出を最適化

攻撃は最大の防御

企業のネットワークは常に脅威にさらされます。構成ミス、ベンダーの更新、アラート疲弊、セキュリティ人材不足、侵害などは、もはや「起きるかどうか」ではなく「いつ起きるか」の問題です。

運用の有効性評価キーサイトのSecOpsソリューションでは、稼働中のネットワーク上で継続的に攻撃をシミュレートし、SIEMアラートを大幅に削減するとともに、最新の脅威情報によって攻撃者に先手を打つことができます。Breach Defenseは以下を容易にします。

  • アプリケーションへの被害を発生させずに実際の攻撃をエミュレート
  • 稼働中のネットワークのセキュリティの弱点を発見
  • 詳細な手順説明によりスピーディーに弱点を修復
  • 24時間体制の脅威情報収集で攻撃者に先手
  • 悪意のあるトラフィックをブロックすることでアラート疲弊を軽減
  • セキュリティの有効性を評価し、ツールの追加が必要かどうかを判断するとともに、潜在的な機能重複や過剰支出を特定
Ixia Threat Intelligence Feed

24時間体制で脅威情報を活用

アプリケーション/セキュリティテストの世界リーダーであるキーサイトのApplication and Threat Intelligence(ATI)リサーチセンターは、最新の脅威やエクスプロイトに関する充実したデータベースにより、企業のセキュリティ運用を継続的にサポートします。脅威情報のフィードにより、ユーザーは攻撃者に先手を打つことができます。

キーサイトのグローバルなインテリジェントネットワークにより、脆弱性や攻撃者の行動に関する最新情報はThreat Simulatorに直接反映され、実際の侵害や攻撃のシミュレーションを可能にします。また、ThreatARMORの継続的な更新により、悪意あるIPアドレスが常にブロックされます。

脅威を防ぐには敵を知ることも必要です。キーサイトの脅威情報は、攻撃者のシグネチャから悪意ある行動の痕跡まで、実用的な情報を24時間体制で提供します。

セキュリティ運用の有効性を検証

既存のセキュリティツールや対策の有効性を最大化し、経費を節約します。